ボディコントロールルーム

リハビリ、ダンス、ヨガ・ピラティスにおける身体の使い方を探求しています!

姿勢を良く見せるポイント

はじめに

姿勢を良くしたいと思う方は少なからずいると思います。

根本的な姿勢改善は簡単ではありませんが、とりあえず良く見せる方法についてご紹介します。

姿勢を良く見せるポイント

顔が胸にあるように意識する

良い姿勢は背すじが伸びてて、しっかりと顔が前を向いています。肩が上がらず、首すじのラインがハッキリとしています。

 

顔が胸にあるように意識することによって背すじがしっかりと伸び、良い姿勢を取りやすくなるのです。

 

人間の背骨は重力によって潰される力を受けます。筋力不足だとどんどん猫背になったり腰が曲がったりしやすくなります。

 

猫背になるのは胸の骨、胸椎レベルが曲がるために起こります。

胸をしっかり伸ばす力が大切で、それを意識しやすい方法が『顔が胸にあるように背すじを伸ばす』なのです。



自分の姿勢を分析

そもそも自分の姿勢がどうなっているのかわからない場合が多いのではないでしょうか?

 

思っていることと、客観的な視点にズレが生じることはよくあります。

 

姿勢を良く見せたい場合はしっかりと自分の姿勢を分析しましょう!

 

①写真や動画で撮る

1番わかりやすいのは、良い姿勢を意識した自分を撮影することです。

スマホで手軽にできますね。

身体全体が写るよう、前からと横からを引き目で撮影しましょう!

 

②壁に身体を沿わせる

背すじがどの程度伸びているか認識しやすいです。

お尻、背中の上の方、後頭部の3点が壁に付けば良い姿勢です。

 

後頭部を壁に付けたらお腹が前に出てしまう場合は猫背傾向にあります。

 

背骨(胸椎レベル)のストレッチと強化が必要です。



背骨のストレッチ方法

背骨が硬いとどんなに姿勢を良く見せようと頑張っても限界があります。ある程度の柔らかさが必要です。自分のペースで程よくストレッチしましょう。

 

静的ストレッチ

仰向けで、胸の後ろ(肩甲骨の間辺り)にバスタオルを棒状に丸めたものを背骨に沿わせるように当て、5〜10分過ごします。

胸が張るような姿勢になります。肩も開き、手の平を上に向けて力を抜いて深呼吸しましょう。

 

リラックスすることで筋肉も緩みやすくなり、ストレッチ効果が高まります。

 

バスタオルじゃ物足りない方にはストレッチポールがとてもお勧めです。



直径15㎝長さ1mほどの円柱のポールです。僕も持っていますが乗るだけで背骨を程よく押してくれてとても気持ち良いです。

 

3000円程度の安い物は少し硬く痛むことがあるので、高いですが9000円程度の正規品をお薦めします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LPN ストレッチポールEX(ネイビー) スタートBOOK、エクササイズDVD付き 1年保証
価格:9350円(税込、送料無料) (2022/5/8時点)

楽天で購入

 

 

動的ストレッチ

バンザイを、胸を張るように行います。

背すじを使っている感覚や、腕の付け根が伸びるのを感じることで効果が高まります。

1〜3回、トレーニングとして行うなら5回すれば十分でしょう。



静的ストレッチ後に動的ストレッチを行うと、筋力もアップしやすいです。

姿勢を良く見せたい場合は持続的な筋力がとても大切になります。

 

おわりに

姿勢が良くなると良いことばかりです。

姿勢筋力が身に付けば自然にいつも良い姿勢になれます。

日頃の運動と姿勢を意識して、良い姿勢を獲得しましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加