ボディコントロールルーム

リハビリや生活、ダンス、ピラティスにおける身体の使い方を探求しています!

ルイジエクササイズとは

ジャズ王ルイジファチャートが交通事故後に、自身のリハビリのために考案したジャズダンスの基礎エクササイズです。

 

ルイジについてはこちら

https://www.bodycontrol55.com/entry/luigi

 

このエクササイズはニューヨークを始め多くのジャズダンスシーンに取り入れられました。

しかし現在ジャズダンスは発展し続け、様々なダンスの要素が混合しており、ルイジエクササイズが一般的に日本で行われることは少なくなりました。

 

僕はジャズダンスを続けていますが、ルイジエクササイズがとても好きでレッスンに取り入れています。

このエクササイズが世に出回れば良いという思いが強く、ダンスの指導をしていると言っても過言ではありません。

 

ルイジエクササイズについて説明します。

 

ウォームアップから全身のストレッチ、バランストレーニングが組み込まれており、ジャズダンスに必要な身体の使い方が網羅されています。

慣れればゆっくりで繰り返しも多く、動き自体はそこまで難しくないです。

 

動きの真似はすぐできるので、ここで飽きたり、興味が薄れたりするかもしれません。現在知名度が薄いのも、ただの全身のストレッチと捕らえられたためかもしれないです。

 

ダンスのエクササイズは指導者によって自由ですし、それぞれに魅力があります。ルイジは少し地味なので、魅力を感じるのは慣れてからです。

 

ルイジエクササイズの魅力は根本的な身体の使い方の連動性にあります。動き続けて、音楽と身体を感じて表現する。

 

彼のいくつかの好きな言葉があります。

『感ずるままに』

『常に動きつづけてください』

 

静止しているときも内部で動き続ける。全て中心から繋がってダンスになる。

そうすると動きがシンプルで魅力的なダンスになる。身体の使い方や音の感じ取り方が染み込んでくる。

 

よく、『simple is best』て言うでしょ。

まさにそれです!

 

ルイジエクササイズを続けると身体のクセや正しい動かし方、ポジション、空間や音楽の表現方法などの理解が増していきます。

自由にいつでもどこでも楽しくダンスできます。

 

それがルイジエクササイズの魅力です!

 

とてもカッコいい技や、素敵なジャンプやターンはありません。

でもダンスという身体表現そのものを単純に学べるエクササイズになっています。

 

見た目だけに捉われず、自分のダンスを体得して表現し続ける。生涯現役で、楽しくダンス続けましょう!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加