ボディコントロールルーム

リハビリや生活、ダンス、ピラティスにおける身体の使い方を探求しています!

自粛のストレスと解消方法

自宅で過ごす時間が多すぎてストレスにより不機嫌になったり、兄弟喧嘩したりすることが増えています。

 

やることがなくなる、我慢している。。

 

色々理由はそれぞれありますが、確実に言えるのは自律神経が乱れているからです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経が動いているときに、副交感神経は休んでいるときに働き人間の活力を調整しています。

 

両神経がバランス良く、穏やかな波のように働き続ければ安定したメンタルを維持できます。

 

ところが自粛により休んで働く副交感神経が高まり波がかなり停滞してしまいます。

すぐに波打てない状態になります。

 

何らかの理由でストレスを感じると交感神経を刺激します。

 

停滞状態からの過剰な刺激で、波は急に高くなり自律神経は疲労し乱れます。

 

これが自粛による自律神経の状態です。

 

 

どう解消するか!

 

波をコントロールしましょう!

休み過ぎず、刺激に過敏にならないよう気持ちを保ちます。

 

自分で生活の計画を立てて、ウォーキング等で適度な運動と休息。気持ちの整理をします。脳は週間が大好きです。

穏やかな気持ちを保つのは難しいですが、自分としっかり向き合うことで強靭なメンタルを作れます。

 

『マインドフルネス瞑想』

ご存知でしょうか?

とりあえず自然体で5分間瞑想・呼吸に集中し気持ちの整理をしてみて下さい。

メンタルをコントロールする練習です。

 

自律神経に話を戻します。

どうしても低活動なため交感神経の働きが少なくなります。

 

が、軽い運動を続ければ交感神経を高められます。

 

家事や育児も軽運動に入り、気持ちを穏やかにして取り組むとゆっくり波を高められます。

 

集中して物事に取り組むこと!!

 

何でも良いです。能動的に取り組めれば。

 

受け身でテレビ見るやスマホ見るだけは副交感神経高めています。

 

YouTube見て何か取り組めれば、交感神経高めています。

 

身体を動かすことがとても重要なのです!

 

 

そしてもう一つ大切なことがあります。

 

自律神経の波は周囲にも影響する!

 

オリンピックの開催国が良い成績を出しやすいのは、国民の声援や選手の安心感が自律神経を高め合い、良好なメンタルでパフォーマンスを発揮しやすいからです。

 

自分だけではなく、同居している家族と一緒に自律神経を整えて、みんなでストレス解消しましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加